便秘にはアロエ

アロエはとても有益な植物です。昔から民間療法に利用されることが多く、鉢植えで育てている家も多くあります。たとえば、火傷や蜂に刺されたときなどには、葉の皮をむいて葉肉を貼ると良いといわれています。アロエの種類は400種類程あり、そのうち効用か認められるのは20種類程度と言われています。
例えば、キダチアロエやアロエベラは寒天やナタデココのような食感でシロップ漬けなどで食用として利用されています。痴呆によっては、アロエ料理のフルコースもあります。また、保水性、保湿性の高さから化粧水や美容液などにもアロエは良く利用されています。
その他、アロエの効用として便秘の解消もあります。含まれるアロインという成分が便秘の解消に効果があるのです。ケープアロエは薬事法に指定されていますので厳しい規制があます。民間で利用する場合には、アロエベラかキダチアロエがよいでしょう。
アロエベラやキダチアロエには豊富な栄養素が含まれています。善玉菌を増やす働きがありますので、腸内環境を整える効果があります。善玉菌が増えることで、腸の働きが活性化されますので便秘の解消になるのです。食用として適しているのは、アロエベラとキダチアロエです。便秘の解消にはキダチアロエの方がより効果的ですが、苦味があります。一方のアロエベラは苦味が全くありませんので、サラダやデザートに入れて簡単に取り入れることができます。
便秘薬との併用や生理中は食べないほうがよいでしょう。また、子宮伸縮作用がありますので特に妊婦さんは厳禁です。

MTBlog50c2BetaInner

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ