バームタイプのクレンジングとは

バームタイプのクレンジングとは、近頃注目されて人気が高まり出しているクレンジング剤です。
オイルでもクリームでもなく、質感がいままでになかったもので、使い勝手がユニークである、という評判になっています。

◎使い方は?
バームタイプのクレンジングの形状は、容器に入っている時点では固形です。
手や顔にこれを乗せている内に、徐々に溶けていき、オイルクレンジングのような触り心地で使用することができます。
商品によっては、まるでロウのように硬いものもあるため、適量を専用のスプーンを使用してすくい出し、思うように溶けましたら、メイクとなじませていくようにしてください。

◎メリット
「洗浄力が高い上に、肌にうるおいまでも与える」と言うのが、バームタイプのクレンジングのメリットとなっています。
オイルクレンジングの強い洗浄力と、クリームタイプの豊かな保湿力と、その両者のメリットを足したような使い勝手であるために、幅広い肌質の人が使用することができるようになっています。
また、メリットの一つとして、メイク落としと一緒に角質ケアもできる商品が多いということを、挙げることができるでしょう。

◎デメリットは?
バームタイプのクレンジングのデメリットは、使う人によって「どっちつかず」だと言う印象を受ける場合があるようだということです。
洗浄力は、オイルクレンジングと比較すると高くないため、しっかりメイクをしている人にとっては、洗浄力が物足りなく感じられるかもしれません。
しかも、保湿力は、ミルクやクリームタイプと比較すると、弱めであるため、肌トラブルに悩んでいる人にとっては、刺激が強く感じられることもあるようです。